SSHの接続が切れても継続して学習させる方法(screenを使った実行)

sshでログインしてそのまま学習を実行してしまうと、sshのリンクを切ることができず、ノートパソコンを閉じることができなくなってしまう。
学習途中で通信が切れて、これまでの結果が全部消える、なんてことに・・・・。

そこで、基本的にはscreenを使ってセッションを貼り、screen上で学習を実行させる。
こうすると、sshが切れてもscreen上でプログラムが走り続けてくれる。
学習経過を携帯等で確認することもできて、非常に便利!!

screenの導入

apt-getで導入するだけ。認証されていないソフトですが・・・等のエラーが出ても気にせず導入。

$ sudo apt-get install screen

実行方法

screenを実行し、screen上でプログラムを起動する。
一旦screenから出てしまえば、sshが切れても問題ない。
screenから出る前にsshの接続を切ると、プログラムが終了されるため注意。

$ screen
screen上のターミナル画面に切り替わるため、プログラムを実行
ctrl a+dでscreenから出る。

確認方法

screen -lsで起動中のscreenを確認。
screen -r ***(lsによって出た番号)でscreen画面に戻る。
終了はscreen上でexitと入力。

(追記)

screen中にマウスホイール等を使用できるように設定ファイルを変更。
t-nkb.hatenablog.com